忍者ブログ
京都市北区にあるノイ・ヴェルメ河村整骨治療所のブログです。25年以上の治療経験で「本当の健康」をめざして皆様のお役に立ちたいと思っています。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の股関節症(過去の手術の影響)

昨日(20日)、静岡から来られた患者さん(6才)。
歩き方がおかしいとのことで来所されました。
歩くようになってから、内股(О脚)歩きでよくつまずくそうです。
 
股関節の可動域を調べてみると、左右(特に右)の股関節の開きが小さくなっています。
ただ、反射テストでは左右股関節は正常で、右上腹部に異常反応があります。
このお子さんは、1才半の時に先天性の胆道の病気で手術をしたそうです。
どうやら、手術の影響で右の腸腰筋などの股関節に関連する筋肉が萎縮し、股関節が開かないようです。
バイオキネティック-ストレス療法で上腹部の手術部分のストレスを取り除くと、股関節は開くようになりました。
歩行をチェックすると正常な状態になっています。
後は、股関節のストレッチを毎日してもらい、様子を見ていただくことにしました。
 
成長期に身体に歪みを残しておくと、骨の変形や内蔵機能の低下につながります。
手術や怪我の記憶は身体にインプットされており、今後も何かのきっかけで症状が出てくる可能性があります。
定期的なチェックをお勧めいたします。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM

[04/24 島田 和比古]
[07/31 島田]
[07/29 河村]
[07/29 島田 和比古]
[06/18 河村]
最新TB

プロフィール

HN:
河村所長
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/07/09
職業:
カイロプラクティック
趣味:
スキー、ドライブ、散歩
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター