忍者ブログ
京都市北区にあるノイ・ヴェルメ河村整骨治療所のブログです。25年以上の治療経験で「本当の健康」をめざして皆様のお役に立ちたいと思っています。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記憶に無い幼少期の怪我

女性 40代 歯科衛生士。
タオルを絞るときなどに左右の腕(特に左肘の内側)の痛みを訴えています。
自分では左腕を90度以上挙げることができません。
半年前から症状が出てきました。
無理をした記憶も無く、徐々に症状が悪化してきたそうです。
症状が出てから1ヵ月後、整形外科を受診しレントゲン検査では異常無し。
湿布薬と鎮痛剤を処方されるも2ヶ月間症状が変わらず、来所されました。
2回のカイロプラクティック治療で腕を挙げることができるようになりましたが、タオルを絞るときの左肘の痛みが取れません。
呼吸を調べると、左上半身の動きがまだ少しブロックされています。
筋肉反射テストで左の額に異常を検知しました。
本人に聞いてみると、「自分では覚えていないが、幼少期に左額に数針縫う怪我をしたらしい」とのこと。
バイオキネティック-ストレス療法で傷の記憶を解除した直後、左肘の痛みが消失しました。
何かの弾みで過去の傷の記憶が左上半身にストレスを生じ、筋膜をブロックした為に出現した症状でした。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM

[04/24 島田 和比古]
[07/31 島田]
[07/29 河村]
[07/29 島田 和比古]
[06/18 河村]
最新TB

プロフィール

HN:
河村所長
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/07/09
職業:
カイロプラクティック
趣味:
スキー、ドライブ、散歩
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター